FROM:
株式会社担当営業
代表取締役 |田中正博|



こんにちは、田中正博です。(プロフィールはコチラ

ある日のことです。
僕のメールボックスに1通の相談メールが届きました。
とても深刻で、切羽詰まった内容です・・・

田中氏
迷える営業マンの苦悩

今とても悩んでおります。私は法人営業を始めて6ヵ月の35才男です。(前職で個人営業の経験はあるのですが、法人営業は未経験者です) 最近、営業に行くのが本当に憂鬱です。何十件と飛び込んでも門前払い。何百件とテレアポしても決定権者につないでもらえない・・・こんな状態がずっと続いていてモチベーションがまったく上がらず、正直辞めたいのですが、事情があって辞めることもできません。

ちなみに、アポイントが取れて商談の「場」を設定できれば、それなりに成果は生まれています。でも、どうしても新規開拓だけは苦痛で仕方がありません。「数をこなしてナンボ」というのは分かるのですが、それでも現状の苦痛からどうしても前に進めずにいます。本来、明るい性格で人と話すのは好きなのですが、最近はネガティブ思考になってしまって「このままでは鬱になるのでは?」と心配です。

他にもっとストレスのかからない、
それでいて効率的な新規開拓の方法はないものでしょうか?

先輩に相談しても「とにかく数を撃つことだよ!」と言われてしまってまたスタート地点に戻ってしまいます。どうか迷える子羊になんでもいいのでアドバイスをください。本当に大ピンチなんです。

このページをお読みの方の中には、冒頭の「迷える営業マン」と似た苦悩を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。新規開拓は「数をこなしてナンボ」と信じて、日に何十件と企業に飛び込んで、何百件と企業にテレアポして、そうしてやっとの思いでアポイントまで漕ぎ着けているはずです。断りのストレスを「グッ」と胸の内にしまい込んで、それでも日々懸命に前に進み続けている・・・。

おそらく多くの営業マンがそうしているはずです。
いや、新規開拓という活動においてはそうせざるをえないでいます。

なぜか?

理由はいたって簡単です。
それしか方法を知らないから。実はそれだけの理由です。

誤解しないでください。

僕はこのような営業スタイルを否定しているわけではありません。でも、「もっとストレスフリーに、もっと効率的に、そして、もっと効果的に新規開拓する方法がありますよ。しかも大量に!」ということをあなたにお伝えしたいのです。それが今回のご案内です。つまり、、、

何十件、何百件という膨大な数の集客を実現できますよ!

というご提案です。とはいえ、そう僕に言われても「にわかには信じがたい・・・」というのが本音でしょう。 そこで、「では、たった1回のFAX送信でいったいどれくらい集客できるのか?」について、ひとつの参考事例をご紹介しましょう。これはこのページを書くちょうど2日前に送ったFAXDMの結果です・・・

事例1

ご存知の方もいるかもしれませんが、僕の会社では何社かの保険会社の代理店リクルート事業をやっています。このFAXDMはその見込客を集めるために「士業」をターゲットに送信したものです。FAXDM送信件数は7,876件、レスポンスは173件ありましたのでヒット率にすると、2.19%でした。おそらく、この中から数十店の代理店が生まれることになるでしょう。もちろん、そうなれば僕の会社にも少なくない紹介料が入ります。

まだあります・・・

これは半年前に社会保険労務士のビジネスパートナーを募集したときのFAXDM事例です。僕の会社では社会保険労務士のリストを持っていなかったので、まったくのゼロの状態からの開拓となりました。その結果はというと、このときのヒット率は2%強。おかげで一気に全国20数名の社会保険労務士と業務提携することができたというわけです。

FAXDMはビジネスパートナー募集や加盟店・代理店開拓というテーマにおいてものすごいレスポンスを叩き出すことが可能です。ただし、そのためにはゴミ箱に直行させない工夫と、「これは応募(申し込み)しなければ損!」と相手に思わせる原稿に仕上げる必要があります。

では、それはどんな原稿なのか?
今回ご案内する「FAXDMテンプレート」をご覧ください。きっとあなたも「なるほど!これなら私でも応募(申し込み)しちゃうかも?」と思ってくれるはずです。

事例2

さらに、これは試行錯誤のうえ、ようやく安定的に高いヒット率を得られるようになったFAXDM事例で、助成金申請を切り口にして最終的に法人保険のセールスにつなげていく販売モデルで使用しているものです。ターゲットのエリア及び業種・業界を変えて数千件単位で定期的にFAXDMを送信しているのですが、平均1%前後のヒット率があります。

事例3

ご覧のとおり、これまで数万件単位でFAXDMを配信してきましたので、膨大な数な集客数になっています。リスト数でいうと、今現在で1,134件です。後は毎回1,134件のリストをFAXDMなり郵送DMなりでフォローアップするだけでも、見込客から相当数の問い合わせが入って来ます。

もちろん、ここからさらに見込客リストを増やすのもいたって簡単です。ここでのターゲットのエリア及び業種・業界は無数にありますので、ひとたびヒット率の高いFAXDM原稿が完成したら、後は何の苦労もすることなく同じFAXDMを配信するだけだからです。これって、すごいことですよね。

これはFAXDM送信の度に”札束を印刷している”ようなものですよね?

いかがでしょうか?
これで少しはあなたの疑念を払拭することができたでしょうか。もしかすると、FAXDMと聞いて、「そんな時代遅れの方法が今でも通用するのか?」とまだ思っているかもしれませんね。実は少し前まで僕もそう思っていました。そう。実際に試してみるまでは・・・

ところが、最初のFAXDM送信から1年。その間、数々のトライ・アンド・エラーを繰り返した結果、今では毎回FAXDMから平均1%前後のヒット率を叩き出せるようになりました。つまり、対象1,000件にFAXDMを送信すると、おおよそ10件程度の見込客が集客できるということです。

そして、これが重要なのですが、FAXDMなら対象1,000件に送信するのに“わずか1万円程度のコストしかかからない”ということなのです。(FAXDMの送信コストは郵送DMの10分の1です)

となれば、です。仮にヒット率1%だとして、1,000件のうち10件のレスポンスがあったとします。もちろん、これは“見込客”ですので、必ずしも全件が成約になるとは限りません。しかし、そのうちの1件でも成約できたなら、そして、そこから得られるあなたの売上が10万円だったとしたら、どうなるでしょう?

そうです。1万円払って10万円儲かるわけです。
これはもうFAXDM送信の度に“札束を印刷している”ようなものですよね?

ちなみに、ヒット率1%と聞いてもピンと来ないかもしれませんので補足しておきます。一般的にはソコソコの出来のFAXDMでもヒット率は0.3%程度と言われています。しかし僕のFAXDMは違います。平均1%前後ですから、それと比べると30倍以上のヒット率ということになります。

では、そこにはどんな秘密が隠されているのか?
それを知りたい方はどうかこの続きをお読みください。この1年の間、決して少なくない時間と労力、そして一千万円以上の集客コストを掛けて、僕が培ってきた非常識な反応を叩き出すFAXDMのノウハウを一般公開します・・・

BtoBビジネスにおいて反応率の高いFAXDM

FAXDMには2種類あります。反応がまったくないFAXDMと、反応の高いFAXDMです。おそらくあなたのFAXにも日々たくさんのFAXDMが送られてきていることでしょう。しかし、残念ながら、それらの大半は前者です。内容を読まれることもなく、ゴミ箱へ直行の運命です。ときには「勝手に送ってくるな!」と憤慨されることだってあるでしょう。

一方、反応の高いFAXDMは違います。FAX送信後、早ければ数分後にはレスポンスが戻ってきます。 クレームにしてもごくわずか。FAX返信で「今後はFAX不要」と返ってくるだけです。

では、この2つのFAXDMの違いはどこにあるのか?
答えは簡単です。反応の高いFAXDMに共通する明確なパターンを踏襲しているかどうか。これだけの理由です。従って、そのパターンを知ってさえいれば、反応の高いFAXDMは誰にでも手にすることが可能です。しかも、あなたはその必勝パターンを、僕と同じようにトライ・アンド・エラーを繰り返しながらゼロから手探り状態で探す必要はないのです。なぜなら・・・

誰でも反応の高いFAXDMが完成してしまうから!

僕のFAXDMはいずれもA4用紙1枚ペラ。下の部分には見込客が記入する申込欄のあるタイプです。 これをFAX機に送信設定して後は見込客から返信があるのを待つだけ。ひとたびFAXDMを送信したら本当に何もやることがありません。ほったらかしの状態です。

しかし、結果は先ほどのとおり。早ければ数十分後には見込客から申込欄が戻って来ます。ときにはあまりにも連続して大量返信があるので、FAX機が紙詰まりを起こすことさえあるくらいです。

では、いったいそこには何が書かれているのか?
という話ですが、タネ明かしをしましょう。ぶっちゃけ、僕は自前のテンプレートにほんの少し手を加えているだけなのです。これは商品やサービスを変えても同じ。FAXDMの目的別に定型化されたフォーマットに沿って、ちょこちょこっと、1時間程度で編集しているだけなのです。

それゆえ、多少の誤差は生じても常にほぼ同じようなレスポンスが返って来ます。すべて先発してテスト済みの原稿だからです。従って、あなたも僕のFAXDMのノウハウとテンプレートを手に入れることで、

FAXDMで僕と同じくらい大量の集客数を実現できる可能性が「大」

そうなったとき、あなたのビジネスは今と比べてどう変わるでしょうか?
再び冒頭の「迷える営業マン」で考えてみましょう。まず新規開拓のストレスがゼロになります。テレアポも飛び込み訪問もしなくて済むからです。次に時間的な大きな余裕が生まれます。新規開拓はFAXDMにまかせておけばいいので、これまで新規開拓に費やしていた活動時間がゼロになるからです。

そして最後です。これが一番重要なのですが、営業効率が飛躍的に向上します。これまでは新規開拓も、セールスも「迷える営業マン」の仕事でしたが、これからはFAXDMで集客したホットな見込客に対して順番にセールスすればいい。つまり、「迷える営業マン」はFAXDMによって「集客」と「セールス」を完全分業する販売モデルを手に入れたわけです・・・

FAXDM鉄板テンプレート

さて、少々前置きが長くなりました。今回、あなたにご案内するのは次の4つのコンテンツになります。このようなFAXDMについて類似のコンテンツがあるのかどうかは知りませんが、ひとつだけ言えることがあります。ここに挙げたのはいずれも“僕、田中正博にしか提供できない内容”だということです・・・

コンテンツ1

このページをお読みの方の中にはFAXDM初心者の方もいるでしょう。そうでない方もいるでしょう。でも、いずれにしても、FAXDMを駆使した販売モデルを構築するために絶対に知っておくべき重要ポイントがいくつかあります。それを1冊にまとめたのが、この『FAXDM五輪書』です。

コンテンツイメージ1

『FAXDM五輪書』はFAXDMで高反応を叩き出すノウハウはもちろん、FAXDMで集客した後、「何を、どうやってセールスにつなげていくのか?」についてステップ・バイ・ステップで解説している、いわば、FAXDM販売モデル構築の“指南書”です。ここに書かれたアイデアは今後もしあなたの商品やサービスが変わったとしても、普遍的に役立つ内容になるでしょう。FAXDMを使ってプロモーションする前にぜひ一読してください。ちなみに、本書の内容の一部をご紹介すると・・・

FAXDMを起点に「バカ売れ!販売モデル」を構築する方法
>>> ターゲットの絞り込みとオファーの選び方。FAXDMで大量集客を実現した後のセールス戦略。 フォローアップで「成果」を最大化する方法。まずは一生集客に困らない販売モデルの作り方を伝授します。これであなたも集客の悩みから解放されるはずです。

成功の極意
>>> このポイントを間違えると、「集客」はもちろん、その後の「セールス」も失敗します。なぜなら見込客は○○したいのではなくて、○○したいからお金を払うからです。

「天国」と「地獄」を分けるFAXDMフォーマット
>>> たいていのFAXDM原稿はこのフォーマットを知らずに、「ゴミ箱行き」の運命を辿っています。FAXDMは○○型ではなくて、○○型のフォーマットにする。その理由は?

穴埋めで使える!
>>> FAXDMの勝負は最初の3秒で決まります。つまり、最初の3秒でFAXを受け取った相手に「これはウチにとって価値ある情報である」と思ってもらえないとダメだということです。では、そう思わせるにはどうすればいいのか?・・・ここに紹介した「キャッチコピー集」を使ってください。

鉄板テンプレート」を徹底解剖!FAXDMの必勝パターンとは?
>>> 非常識なレスポンスを叩き出すFAXDMとはどういうものなのか?・・・驚異のレスポンスを叩き出しているFAXDM原稿の実例を公開しながら徹底的にポイント解説していきます。

FAXDM原稿のフッダー(最下部余白)を使ってレスポンスを引き上げる方法
>>> コスト0円。余白を「余白」のままにしては機会損失です。FAXDM原稿のフッダー部分にちょっとした工夫をするだけでレスポンスを引き上げるテクニックをご紹介します。

FAXDMを送ってはけない時間帯・曜日のルール
>>> 実はFAXDM原稿でも送信時間帯と曜日によってレスポンスが大きく変動します。いずれの時間帯・曜日でもFAX送信コストは同じ。であれば、レスポンスを最大化できるタイミングを選ぶことです。FAXDMを送ってはけない時間帯・曜日のルールをお教えしましょう。

なぜこのひと言を追加するとFAXDMの到達率が劇的に跳ね上がるのか?
>>> 作業時間30秒。このひと言を追加するだけで、ゴミ箱行きを回避して、高確率で決定権者にリーチできるFAXDMになります。なぜか。受け取った相手は「捨てたら怒られるかも?」と思うからです。その結果、高い確率であなたのFAXDMは決定権者に届くようになるわけです。

このフレーズをFAXDM原稿に入れるだけでレスポンスが1.5倍も違う!
>>> 簡単なレスポンスアップのコツがあります。このワンフレーズをFAXDM原稿に入れるのです。テストの結果、たったそれだけでレスポンスが1.5倍も違うことが分かっています。

FAXDMの反応を30倍にする!見込客に「ノー」と言わせない2つの切り口
>>> FAXDMのレスポンスを爆発させるにはどうすればいいのか?・・・それなら実証済みのこの2つの切り口をオファーに使ってください。逆に、これ以外の切り口ではレスポンスが激減します。

レスポンスあり。すかさずこのFAXDMを送ってください!
>>> 見込客からレスポンスがあった。おめでとうございます。でも、まだやることがあります。レスポンスがあったら、すぐにこのFAXDMを送ってください。その後のセールスの成約率が変わってきます。これは誰もやらない方法ですが、その効果は実証済みです。

送信の度にレスポンスが増える!魔法の3ステップFAXDMとは?
>>> FAXDM原稿に○○を設定して、まずこのFAXDMを送って、次にこのFAXDMを送って、最後にこのFAXDMを送ります。これで送信の度にレスポンスが増える集客プロモーションの完成です。

このトークで訪問アポイントを取り付けろ!
>>> 対面セールスではFAXDMから集客した見込客と面談しなければいけないわけですが、そのとき、どんな手順で、どんなトークで訪問アポイントを取り付ければいいのか?・・・ここで解説している業務フローとトークスクリプトを参考にしてください。

同一リストから何度でも集客できる!誰も知らない「ちょっとズルい集客戦略」とは?
>>> 実は○○と○○を変えるだけで、同一リストからの集客数を最大化する方法があります。ちょっと“ズルい作戦”ですが、「その手があったか!」とあなたも思わず唸るはずです。

やらないと損!
>>> まったくアタマを使う必要なし。実は、誰もが見落としがちで、実行しないフォローアップの方法で、一定割合のレスポンスが確実に増える方法があります。ヒントは同じ○○を送るだけです。

どんな怠け者でもできる!
>>> 集めた見込客リスト。今後はどうやってフォローしていきますか?・・・実はこの質問の「答え」が分からず大勢の営業マンがせっかくのリストを台無しにしています。そうならないために、ここで紹介するアイデアを実践してください。これはどんな怠け者でも実行できるフォローアップの方法です。

ライバル不在!
>>> このやり方であなたも「お宝リスト」を集めてください。FAXDM業者やライバルが手つかずの新鮮で、それでいて高いレスポンスを期待できる「ハウスリストの作り方」をお教えします。

ここがポイント!FAXDM業者の選び方
>>> FAXDMを大量送信する場合は自社配信すると逆に高コストになります。そこで、FAXDM業者を利用するわけですが、巷にFAXDM業者は「星の数」ほどあります。では、料金・品質・サービスの点でどの業者を選べばいいのか?・・・「失敗しないFAXDM業者の選び方」をお教えします。

100%成功保証!
>>> 僕が本格的にFAXDMを活用し始めたのは1年前のことですが、今では海よりも深く後悔しています。そう、もっと早くから採り入れておくべきでした。なぜって、どう考えてもFAXDMによる集客は失敗のしようがないからです。あなたもこの方法で「成功パターン」という資産を構築してください。

60日で「集客」の悩みから解放される3つのアクションプラン
>>> 多くの人が「集客」の目的をハキ違えています。その結果、過去も、現在も、そして将来も、「集客」という悩みの呪縛から解放されずにいます。違うんです。まずあなたがやるべきは○○を作ること。次に○○すること。そうやって最後に○○することです。このサイクルを回し続ければ、誰でも一生見込客に困らない販売モデルが作れるのです。

リスク要因を徹底排除!
>>> 誰もが新しい試みにチャレンジするときは前向きになる一方で、行動の裏側に隠れたリスク要因について考え躊躇するものです。では、なぜ躊躇するのかというと、そこには不確定要素があるからです。そこで、FAXDMに関するあなたのリスク要因を事前に解消すべく、巻末には“55項目”にもわたる一問一答コーナーを設けてあります。自信を持って実践してください!

・・・などなど、これらは『FAXDM五輪書』で解説されている内容のごく一部ですが、本マニュアルには「FAXDM実践前」と「FAXDM実践後」に必要とされる知識情報が体系的に網羅されています。

この1年の間、多大な時間と労力、そして一千万円以上のコストを投じて、僕が培ってきたFAXDMのノウハウの数々をこの1冊に集約しています。正直言って、これを読んだうえでFAXDMを実践すれば、「失敗する方が難しい!」とあなたも納得してくれるでしょう。

なお、社内研修テキストとしても使用できるよう、本マニュアルはCDRにも収録してご提供しますので、法人店主の方などは各自印刷などして使い倒してください。

FAXDM鉄板テンプレート(WORD原稿)

FAXDMがもっとも得意とするのは「集客」です。とりわけ、次の3つのテーマはFAXDMと親和性が高く、高反応を叩き出すことが可能です。いずれも保険代理店・士業・コンサルタントであれば、何度でも使い回しが効いて汎用性の高いテーマです。

1.新規開拓(法人集客)
2.ビジネスパートナー開拓(代理店開拓)
3.セミナー開催(セミナー営業)

とはいえ、いくら使い回しが効いて汎用性が高くても、何のノウハウも持たず、FAXDMを配信すればおそらく反応率は0.1%以下で終わってしまうでしょう。下手したら反応ゼロになってしまいます。

そこで、この『FAXDM鉄板テンプレート』の登場です。

この3つのテーマのFAXDMであなたが失敗するリスクは限りなく「ゼロ」になっています。なぜなら、あなたは僕、田中正博がトライ・アンド・エラーを繰り返して、持てるセールス文章のノウハウの全部を注ぎ込んだFAXDM原稿の“鉄板テンプレート”を編集すればいいだけだからです。

ぶっちゃけ、この3つのテンプレートだけで、ひとつのビジネスモデルを作り上げることも可能です。新規事業立ち上げに必要とされるボトルネック(「集客の問題」「セールスの問題」「ビジネスパートナーの問題」)を、すべてFAXDM1本でクリアできるからです。事実、僕はこの3つのテンプレートを起点にして年間売上数千万円のビジネスを作り上げています。あなたにビジネスアイデアがおありなら、「集客」だけでなくて、「新規事業立ち上げ」にも大いに活用なさってください。

『FAXDM鉄板テンプレート』は編集可能なWORD形式でCD-Rに収録してありますので、あなたのお名前/連絡先などを入力して何度でもご自由にお使いになってください。

サポートサイト(購入者限定)

購入者限定の『サポートサイト(Q&Aサイト)』を用意しております。『サポートサイト(Q&Aサイト)』はあなたの実務をサポートするためのものです。本商品ではFAXDM初心者の方でも付属の『FAXDM鉄板テンプレート』に従って簡単にFAXDMを作成し、『FAXDM五輪書』を見ながらステップ・バイ・ステップで法人集客を実践していただけるように解説してありますが、それでも迷う場合があると思います。そんなときは遠慮なくご相談をお寄せください。

また、当社(株式会社担当営業/株式会社おまかせホットライン)としても、購入者の方々に参考になる事例を収集し、随時『サポートサイト(Q&Aサイト)』にて情報をシェアしてまいります。『サポートサイト(Q&Aサイト)』はパスワードで保護されていますので、購入者以外は閲覧できないようになっています。(※商品同梱の案内文にてサイトアドレスとパスワードはお知らせします)

サポートの範囲
サポートの範囲は『FAXDM集客爆発!鉄板テンプレート』に関わる内容に限ります。例えば、「FAXDMを添削してもらえますか?」などの実作業が伴う内容についてはサポートサイトでは回答しかねます。その点のみ事前にご了解ください。(※FAXDM原稿添削は別サービスを用意しております)
申し込む
《毎月限定10名》ありえない原稿添削サービス!

さらに、スペシャルサポートを用意しています。それが、この『ありえない原稿添削サービス』です。『ありえない原稿添削サービス』とは『FAXDM鉄板テンプレート』をもとに、あなたが作成したFAXDM原稿を添削するサービスです。実際にあなたが書いたFAXDM原稿(1原稿)を添削して、必要であれば、ほぼ完全にリライトしたうえでお戻しいたします。

では、このサービスのどこが「あ・り・え・な・い」のか?
実は『ありえない原稿添削サービス』で添削を担当するのは、僕、田中正博だけではないのです。本サービスの提供にあたって、メチャクチャ強力な「助っ人」を用意しています。通常ルートでは絶対にあなたが仕事を依頼することができない“超一流コピーライター”です。

ご紹介します。彼の名前は「荒濱一(あらはま・はじめ)」。コピーライターとして15年のキャリアを持ち、クライアントからお金をもらって文章を書くことを生業としている”文章のプロ中のプロ”です。これまでフリーライターとして数えきれないくらいの雑誌・WEBに記事を執筆するほか、誰でも知っている大手企業のタイアップ広告も多数手掛けるなど広告コピー分野でも活躍しており、さらに、ビジネス書の書き手として累計12万部超の「大ベストセラー作家」でもあるのです・・・


ライター、コピーライター。1971年、東京都生まれ。上智大学文学部教育学科卒。私立高校教諭として3年間の勤務の後、単身、タイ・バンコクに渡る。現地で日系の広告代理店に就職。バンコクで約1年、インド・ニューデリーで約1年勤務した後、帰国。1998年よりフリーライター、コピーライターとして活動を開始する。現在、ビジネス(特に人材・起業)、IT/デジタル機器関連、著名人インタビューなど幅広い分野で雑誌・WEBに記事を執筆するほか、大手企業のタイアップ広告を多数手掛けるなど広告コピー分野でも活躍。入念な下調べに基づき取材対象者の本音を訊き出すインタビュー技術には特に定評がある。2007年に発表の『結局「仕組み」を作った人が勝っている』(光文社ペーパーバックス/高橋学氏との共著)は、いきなり4万部突破のベストセラーに。翌年発表した続編の『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』(同)も3万部を突破。さらに、今春(2013年)発売された処女作『結局「仕組み」を作った人が勝っている』(光文社知恵の森文庫)でも発売1ヶ月を待たずに早くも5万部突破。Amazonビジネス書部門でも堂々の1位に輝いており、“「仕組み」ブームの仕掛け人”の異名を取る。また、2013年6月12日には「仕組み」シリーズ第2弾『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』も文庫化される。

■荒濱一氏サイト(「仕組み」公式サイト)

http://www.shikumi.org/
 

つまり、本サービスでは、、、

セールスレターのプロと文章のプロ。

という他では決して利用できない「あ・り・え・な・い」サービスなのです。これは僕と荒濱一氏の「経験値」をあなたに買っていただくサービスです。ここでいう「経験値」とは、僕のセールスライティングに関する「ノウハウ」と、荒濱一氏のプロの「文章術」です。

なお、本サービスで添削&リライトしたFAXDM原稿は「合計2パターン」をあなたに納品します。いずれの原稿もクオリティには自信を持っています。しかし、結局のところ、「どちらのFAXDM原稿がより高いレスポンスなのか?」は見込客からのレスポンスの結果でしか分からない事実です。従って、可能であればリストを2つに分けてテストしていただくことをおすすめします。

他にも本サービスでは僕のFAXDMのノウハウを駆使して、反応を引き上げるための具体的なアドバイスを行うわけですが、あなたの販売プランにまでコミットしていくので、1つの原稿を添削して完成させるために相当な時間と労力が必要になります。それゆえ、ビジネスの採算上、普段はご依頼があってもお断りしているサービスです。

しかし、今回は『FAXDM集客爆発テンプレート』をご購入いただいた方に限り、スペシャルサポートとして毎月先着10名だけ本サービスをご提供させていただきます。

サービスお申込みの流れ
申し込む
その対価はいくらの価値があるでしょうか?

さて、購入価格についてです。ここまでにご案内のとおり、『FAXDM集客爆発!鉄板テンプレート』はあなたのセールスから「集客」という最大の悩みを消し去るものです。しかも、その悩みを消し去るのに必要なのは付属のテンプレートを編集してFAXを送信するだけ。たったそれだけで、30分後にはあなたのFAX機に見込客からのレスポンスが続々と戻って来る・・・これが、同一リストから、またあるいは、エリアやターゲットを変えたリストから、いつでも何度でも再現できるのです。

考えてみてください。もしあなたが冒頭の「迷える営業マン」と同じで、「何十件と飛び込んでも門前払い。 何百件とテレアポしても決定権者につないでもらえない・・・」という悩みを抱えているのなら・・・

いったいどれくらいの価値があるでしょうか?

それを踏まえてうえで購入価格を秤にかけてみてください。おそらく『FAXDM集客爆発!鉄板テンプレート』の商品内容をコンサルティング的な視点で見てみると、30万円以上はチャージされるでしょう。(実際、FAXDM業者はそれくらいチャージしています) しかし、今回は驚きの低価格でご提供します。

価格1
価格2

お買い求めはクレジットカードでの「分割払い」もOKです。例えば、クレジットカード払いで「3回払い」をご指定いただいたなら、月々1万円程度で購入することも可能です。

なお、商品のお支払いは「代金引換払い」になります。弊社からお送りする商品一式と引き換えに購入代金をお支払いください。お支払い方法は、「①現金」「②クレジットカード(分割払い可)」の2つからお選びいただけます。(商品一式はお申し込み後、5営業日程度でお届けします)

ご注文の流れ
申し込む
この3つの選択肢の中から賢い選択をしてください!

さて、僕はあなたに購入してもらうために、可能な限り魅力的なコンテンツを用意して「これを使えばあなたの集客の悩みは30分後には解消されますよ!」と誘惑しています。そして、実際にあなたの集客の悩みは30分後には解消されることになるでしょう。

なぜなら、『FAXDM集客爆発!鉄板テンプレート』には僕が実際に大量集客を実現しているFAXDMテンプレートを収録しているので、そのままマネするだけであなたにも同じ成果が出ると分かっているからです。とはいえ、最後に決めるのはあなたです。今、あなたの前には3つの選択肢があります・・・

ひとつは僕からの誘惑を「無視」すること。そして、今までと同じように「何十件と飛び込んでも門前払い。何百件とテレアポしても決定権者につないでもらえない・・・」という悩みを抱えながら新規開拓を続けることです。甘んじて現状を受け入れるのなら仕方ないことです。どうか購入価格分の節約を有効活用してください。

ふたつ目は、僕からの誘惑を「保留」すること。今すぐ決められないので、決断を先延ばしにすることです。しかし、おそらくあなたがセールスしているのは、ここでの購入価格の何十倍もの商品やサービスですよね。この程度の判断で迷っていて、果たして法人営業で成功できるでしょうか。

最後は、僕からの誘惑を「受け入れる」こと。そして、『FAXDM集客爆発!鉄板テンプレート』に収録されているテンプレートをマネしてFAXDMを送って、その30分後には「今までの苦労は何だったのか・・・」とこれまでの集客の悩みとは金輪際、サヨナラすることです・・・

3つの選択肢どれを選ぶもあなたの自由です。
今から半年後、1年後に、今と同じ悩みを抱えていることのないよう賢い選択をしてください。

今回のご案内があなたの業績アップに大きく貢献できることを願っております。
ぜひ営業現場でご活用なさってください。

田中正博
申し込む

追伸
結局のところ、いかなるビジネスであってもその成否は「集客」にかかっています。どれだけセールスのノウハウやスキルが高くても、肝心の見込客が目の前にいない状態では、それは「絵に描いた餅」に過ぎないからです。その一方で、目の前に十分なボリュームの見込客さえいれば、多少セールスのスキルがヘボくても、商品やサービスは売れてしまいます。だとすれば、売上アップに直結しやすいのは「集客」と「セールス」のどちらかは“言わずもがな”でしょう。

イメージしてみてください。これからFAXDMによって、安定的に、そして継続的に、フォローするのに十分なボリュームの見込客から問い合わせが入っている状態を、です。ストレス要因だった飛び込み訪問もテレアポも一切せずに、セールスだけに集中すればいいという状態を、です。

そんな理想的な状態を切り拓くチャンスが、今あなたの目の前にあります。

ほんのわずかな投資でそのチャンスを手中に収めるか。それともスルーするか。
・・・もうその答えは決まりましたよね?

以下にてあなたのお申込みをこころよりお待ちしております。

申し込む
よくある質問(FAQ)

『FAXDM集客爆発!鉄板テンプレート』について、またあるいはFAXDMそのものについて、いくつもの疑問や不安が残っている方もいることでしょう。そんな方のために、以下に「よくある質問(FAQ)」とその答えをリストにしました。お申込みの際の判断材料とされてください。

ズバリ、FAXDMの最大のメリットは何ですか?

新規開拓における「FAXDM」と「それ以外の集客手段」とを比較してみました。以下をご覧いただけば総合的にFAXDMが優れているということが目瞭然でご理解いただけるでしょう。


郵送DMは同封する情報量に制限がないのでそれだけ高い反応率が期待できるのですが、その一方でどうしてもコストがかかるというのが難点です。メールDMはコストの面ではダントツですが、その他大勢のメールに紛れて開封されない可能性があります。その点、FAXDMはバランスが高く、法人集客においては総合的に高いコストパフォーマンスを発揮します。

FAXDMを送信して本当に決定権者に届くのでしょうか?

届くか、届かないかはFAXDMの原稿次第です。もちろん、何の工夫もない原稿では決定権者への到達率は下がります。ところが、原稿にちょっとした“仕掛け”をすることで、飛躍的に決定権者への到達率が向上します。多くの会社ではFAXを最初に手にするのは事務社員ですが、その事務社員がこちらの送信したFAXDMを捨てずに、高い確率で決定権者に渡してくれる。実はそんな方法があるのです。

他にもゴミ箱行きを阻止するノウハウの数々があります。そうした実践で培ったFAXDMノウハウも『FAXDM五輪書(実践マニュアル)』で詳しく解説していますので、ぜひご参考にされてください。

FAXDMを導入すると、私の営業スタイルはどのように変わるでしょう?

まず新規開拓のストレスがゼロになります。テレアポも飛び込み訪問もしなくて済むからです。次に時間的な大きな余裕が生まれます。新規開拓はFAXDMにまかせておけばいいので、これまで新規開拓に費やしていた活動時間を有効活用できるようになります。
そして最後です。これが一番重要なのですが、営業効率が飛躍的に向上します。これまでは新規開拓も、セールスもあなたの仕事でしたが、これからはFAXDMで集客したホットな見込客に対して順番にセールスすればいいからです。つまり、このことが何を意味するのかというと、FAXDMによって「集客」と「セールス」を完全分業する販売モデルが確立できた、というわけです。

FAXDM初心者なのですが使えますか?

大丈夫です。まったく問題ありません。例えば、「FAXDMに取り組みたいがノウハウがない」「本当に反応があるのか不安・・・」「FAXDM原稿をうまく作れない」「クレームが来たらどうすればいいのか?」など、最初はいろいろ悩みや不安はあることでしょう。

でも、どうかご安心ください。あなたのそうした悩みや不安については付属の『FAXDM五輪書(実践マニュアル)』をお読みいただければ事前に解消できるようになっていますし、そこで解決できない部分については購入者限定の『サポートサイト』も用意しています。そのうえで、あえてアドバイスさせてもらうとすると、「四の五の言わず、トライしなさい!」ということです。

というのも、そもそもFAXDMは「❶小予算で実践できる(送信料は1件当たり@8円前後です)」「❷短時間でテストできる(早ければ送信後数十分でレスポンスがあります)」「❸手間がかからない(FAXDM原稿を送信するだけです)」という3拍子揃った集客手段だからです。それゆえ、悩んでいる暇があったらとっととFAXDMを送信して営業に移った方が早いのです。

リストを持っていないのですが?

大丈夫です。まったく問題ありません。リストがなければ自前で集めるか、FAXDM業者が保有している業種・業界リストをレンタルすればいいだけだからです。もちろん、それぞれのケースで最適なアドバイスも『FAXDM五輪書(実践マニュアル)』では解説しています。

また、『サポートサイト』では実際に僕の会社が利用している2つのFAXDMサービスもご紹介していますし、巷にあるFAXDM業者の料金体系とサービスを一覧にした“比較サイト”も公開しておりますので、たとえあなたがゼロの状態でもFAXDMによる集客をすぐにスタートできるようになっています。

個人向け商品・サービスにも使えますか?

残念ながら、コンプライアンスの観点から個人向け商品・サービスには使えません。ただし、あなたがハウスリスト(自社保有リスト)をお持ちなら話は別です。その場合は『FAXDM集客爆発!鉄板テンプレート』のノウハウ及びテンプレートをそのまま応用することができるでしょう。

その他でFAXDMによる新規開拓に不向きなものはありますか?

次の2つのケースに該当する場合は期待した成果が得られない可能性があります。

❶商品やサービス及びターゲットがニッチすぎる

この場合はFAXDMを配信するのに十分なリストが用意できない可能性があります。例えばあなたのターゲットが「傘屋」だったとしましょう。そうなると、残念ですが、FAXDMでの集客は困難です。なぜならあなたの活動エリアでは傘屋は数十件程度しか存在しないからです。

❷大企業や官公庁をターゲットにしている

この場合はFAXDMを送っても決定権者にはまずリーチできないでしょう。仮にレスポンスがあったとして「それは本当に決定権者からのものなのか?」という問題も残ります。ゆえに、このターゲット層の場合はFAXDMによる集客は不向きという結論になります。

FAXDMは地方エリアでも使えますか?

使えます。ターゲット顧客が極端に少ない過疎エリア(周辺含む)や離島などであれば話は別ですが、それ以外であれば問題ありません。実際、僕の会社では地方エリアでもFAXDMで集客しています。

大量のクレームが来ないか心配です…

実は僕もFAXDMを実践する前はそう思っていました。それが最近まで積極的にFAXDMを活用してなかった理由でもあります。実際、世の中の大半のFAXDMは反応ゼロ、クレームのオンパレードという状況でしょう。しかし、それはFAXDMの原稿が悪いのです。

付属のFAXDMテンプレート原稿(3種類)ならクレームのリスクを限りなく排除することが可能です。もちろん、多少のクレームはあります。しかし、それは送信件数の1%程度で、しかもそのうちの99%が「FAX不要」という返信があるだけです。残りが電話によるクレームになるわけですが、それについても「申し訳ございませんでした。配信リストから削除しますのでFAX番号をお教えいただけますでしょうか」とお詫びすれば解決します。(個人的には「飛び込み」や「テレアポ」の方が迷惑です)

『ありえない原稿添削サービス!』は購入後でも申し込めますか?

可能です。その場合(追加申込み)は『ありえない原稿添削サービス!』の料金のみ別途お支払いいただくことになります。お申込みの際はメールあるいはお電話にてご連絡ください。代引き払いにて「ご利用案内」をお届けします。

完全成果報酬でFAXDM集客をお願いできないでしょうか?

FAXDM送信業者の中には完全成果報酬を謳っているところもありますが、僕はやりません。しかし、これは“自信がないからやらない”のではありません。むしろその反対です。『FAXDM集客爆発!鉄板テンプレート』の内容に絶対の自信を持っているので、“あえてやらない”ということです。なぜなら、完全成果報酬にすると、あなたにそれだけの対価を支払ってもらわないといけないからです。そして、その対価は僕のFAXDMのヒット率を考えると、とても高額なものになってしまうのです。

どういうことかお話しましょう。FAXDM送信業者のいうところの、完全成果報酬とは「初期費用及びFAX送信料は0円です。その代り、レスポンス1件につき5,000円をチャージしますよ!」というサービスです。彼らも商売ですので対象件数が数百件程度では引き受けないはずです。おそらく最低でも2,000件程度からの申込みになるはずです。(少なくとも僕ならそれ以下では請け負いません)
なると、です。ぶっちゃけ、僕にしてみると、完全成果報酬の方が儲かってしまうのです。

仮に、FAXDMを2,000件送信してヒット率を少なく見積もって0.5%だったとします。すると、1回の送信で10件のレスポンスですから、10件×@5,000円=50,000円のチャージになりますよね。すでにある程度のレスポンスが得られることは分かっているので、後はこれを、2回、3回と送信すればけっこうな金額の請求になってしまいます。つまり、「それで本当に払ってくれますか?」という話なのです。

そもそもが完全成果報酬に申し込む動機はFAXDM原稿が自分では書けないからでしょう。でも、このページをご覧になっているあなたは違います。『FAXDM集客爆発!鉄板テンプレート』では成果実証済みのFAXDMテンプレート原稿を提供しているからです。

だったら、自分でFAXDMを送信した方があなたにとっては安上がりですよね?
これがあえて完全成果報酬をやらない理由です。とはいえ、どうしても僕に「完全成果報酬で依頼したい」という方がいたら、そこまで言われてしまえば僕もお断りする理由がありませんので、対象リスト最低2,000件以上から喜んでお引き受けいたしましょう。別途メールにてご相談ください。

FAXDM成功の秘訣は何ですか?

スプリット・ラン・テストを行うことです。スプリット・ラン・テストとはこういうことです。例えば対象リストが2,000件あったとします。この場合はキャッチコピーを変えるなどした2種類の原稿を用意し、対象を500件ずつに分けて送信して反応を計測します。そうやって反応の高い原稿を残り1,000件に送信する。そして、その後も使い続けることで、費用対効果を最大化するわけです。(もちろん、それで満足することなくテストを継続してもOKです)

『FAXDM集客爆発!鉄板テンプレート』ではあなたに付属のFAXDMテンプレート原稿(3種類)を提供することで、“反応ゼロ”という可能性を限りなく排除しています。しかしながら、本当の「正解」はお客様にしからわからないのが事実です。よって、FAXDM実践の際はスプリット・ラン・テストを行うことをおすすめします。仮に対象を500件ずつに分けてテストを行ったとしても、そのコストは約1万円程度です。その程度の小予算でその後の成功が約束される。それもFAXDMのメリットです。

どんな人におすすめですか?どんな人が対象ですか?

これは逆に、おすすめできない人、対象でない人についてお話します。
FAXDMは、いわゆる、見込客からの直接的なレスポンスを期待するダイレクトマーケティングの手法です。従いまして、低予算とはいえFAXDMにはコスト(送信料)がかかりますので、集客にコストをかけたくない(見込客は無料で集客できると考えている)方には向かない集客法です。

また、FAXDMの役割は全体のセールスプロセスでは「集客」です。セールスプロセスにおいては「集客」と「セールス」は別の活動ですので、集客とセールスを混同している(集客=セールスと考えて営業している)方にも向かない手法です。つまり、FAXDMで集客した見込客に対して戦略的にセールスを仕掛けていくという行動指針を持っていないとダメだということです。(もちろん、その戦略については『FAXDM五輪書(実践マニュアル)』で解説しています)

その一方で、FAXDMは今よりもストレスなしに、もっと効率的に、もっと効果的に、そして、もっとシステマチックなセールスモデルを構築したいと考えている方にとってはおすすめの手法です。『FAXDM集客爆発テンプレート』を活用いただけば、こと「集客」に関して、あなたにとって「今までの苦労は何だったのか・・・」と後悔するくらいのインパクトがあるはずです。

申し込む
会社情報(お問合せ先)
株式会社担当営業/「FAXDM集客爆発テンプレート」係
〒253-0112 神奈川県高座郡寒川町中瀬6-9
E-mail: info@tantoueigyou.com  TEL:0467-38-7591/FAX:0467-74-6300