最強の販促ツール「お客様の声」を集める方法

97f0942ff2143616f7f978cc1f718990_s

「お客様の声」は最強の販促ツールです。

チラシでも、ダイレクトメールでも、ホームページ上でも、面談時の手渡しでも、方法は何でもいいのですが、「お客様の声」を集めて、それらを見込客に見てもらうことでセールスの成約率は断然違ってきます。

あなたは「お客様の声」を集めていますか?
もし集めていないなら今日の記事を参考にして今すぐ集めましょう。

その理由が分からない人はアマゾンや楽天で買い物するときのことを思い出してみてください。あなたもネットで何かを買うときは購入者のレビューを参考にしているのではないでしょうか。そこでは、レビューのない商品は買うのに躊躇するはずです。それは見込客も同じです。だからこそ、「お客様の声」を集めることが成約率の向上につながります。

とはいえ、です。「お客様の声」は集めれば何でもいいのかというと、それは違います。「よかったです」「最高でした」「ありがとうございました」なんて一行程度で書かれたものでは何の意味もないからです。実際、ネットで買い物するときはこんなレビューはあなたも参考にしないでしょう。必要なのは、あなたやあなたのお店に対する推薦文のような、それを読めば迷っている見込客の背中を押してくれるような、そんな「お客様の声」です。

では、どうすればそんな「お客様の声」を集められるのか?
ここでは「お客様の声」の【集め方】と【集めるときの重要ポイント】の2点について解説します。


1.「お客様の声」の3つの集め方

「お客様の声」には“質”はもちろん、“量”も必要です。たまに「お客様の声」が2、3件しか掲載されていないホームページを見かけます。しかし、それでは「ないよりはマシ」という程度の気休めにしかなりません。説得力を持たせるためにはやはりある程度のボリュームで「お客様の声」を集めることが重要です。ではどうやって集めるのかというと、基本は「お願い」です。

その方法は大きく3つ考えられます。

親戚・友人・知人に頼む
今日から「お客様の声」を集める方は最初の一歩を踏み出す必要があります。そのもっとも手っ取り早い方法は親戚・友人・知人に頼むことです。これで何件かは集まるでしょう。

販売直後のタイミングでお客様に頼む
商品購入後がお客様にとって1番満足度の高い瞬間です。「あなたの声をお聞かせください!」と率直に頼んでみましょう。面と向かってお願いされて無下に断れる人はそうそういません。こころよく協力してくれるお客様は必ずいます。

既存顧客に頼む
メールや手紙、あるいは直接電話などして、「◯◯についての感想をいただけませんか?」と既存顧客に頼んでみましょう。「『お客様の声』をくれたら○○プレゼント!」とオファーするのも良い方法です。アマゾンで買い物をすると何日か経って必ずこのようなメールが届きます。こうしたフォローアップは顧客満足にもつながりますし、「お客様の声」の収集にも寄与します。

アマゾンレビュー


2.「お客様の声」を集めるときの重要ポイント

先述のとおり、「お客様の声」は「よかったです」「最高でした」「ありがとうございました」というコメントでは意味がありません。そうかといって、ただ単に「お客様の声をください!」と頼んでも、頼まれた側は何を、どうコメントすればいいのかわかりません。そこで、おすすめなのが次の質問項目でお客様からコメントをもらうことです。

【質問項目 ○○を購入する前はどんなことで悩んでいましたか?
【質問項目 今回、何が決め手で購入されたのですか?
【質問項目 実際に購入されていかがでしたか?

上記3つの質問項目はまさにあなたが何かを買うときに知りたい内容ではないでしょうか。もちろん、あなたの見込客も知りたい内容です。このコメントを読んで見込客は商品を手にした際のビフォー・アフターをイメージしてくれます。つまり、「買うべき理由」を自ら見つけてくれるわけです。これで一歩も二歩も成約に近づきますよね。

いずれにしても、自画自賛には何の説得力も信憑性ありませんが、他人が褒めてくれたらその説得力と信憑性は何十倍にも跳ね上がります。このことはセールスにとってプラスでしょうか。それともマイナスでしょうか。無論、その答えは「前者」でしょう。もしこれまであなたが「お客様の声」を集めていなかったのなら、今日の記事を参考にして今すぐ集めてみてください。

今回の記事があなたのお役に立てたら幸いです。
それでは今日はこの辺で

株式会社担当営業
田中正博

カテゴリー:セールスTips
トピック:

関連エントリー

    ダウンロード
    ダウンロード
    画像

    記事を検索する