節税対策

「手当」を支給している社長は意外と少ない!?

25ed14dcc95bd87125fa52806f8f19fc_s

これは「報酬名目」を変えて社長の手取りを最大化する方法です。オーナー企業では従業員には「通勤手当」を払っていても、社長や親族役員には「通勤手当」を払っていないケースがあります。ところが、会社と自宅が別で通勤の必要があるのなら、“損”していることになります。なぜなら、「通勤手当」を支給することは次のメリットがあるからです。

1.社長の非課税手当になる(月10万円上限)
2.会社にとって経費になる
3.消費税の節税になる(通勤手当=課税仕入れ)

よって、「社長・親族役員に通勤手当を支給していない」のであれば、役員報酬を下げて「通勤手当」を支給する、あるいは、報酬名目を「通勤手当」として分けて支給すれば、社長の手取...

カテゴリー:節税対策
トピック:
ダウンロード
画像

記事を検索する